私達の想い

人と木々のあるべきかたち

日本の国土の約70%は森林です。
山口県においてもそれは例外ではなく、
私達の生活と山や森は切っても切れない関係にあると思います。

そんな中、山や森は「荒廃」の一途を辿っていることをご存知でしょうか。

山や森を守り、育てていくには、下草を刈り、木を成長させるために間伐を行い、
日の光を大地に十分をあてることで肥沃な土に戻します。
そうして育った木々を適度に伐採し、新しい命を植林する手入れを経て、ようやく守り・育てていくことができます。

こういった過程の中で生まれた間伐・伐採した木々は、
薪やウッドチップ、木材、バイオマス燃料などに形をかえ私達の生活を豊かにし、
そこで得られた利益は植林と言う形で再び、山や森へ命を還元します。

近年「伐採」という言葉は社会で一人歩きし、あたかも自然破壊のように捉えられます。
しかしこの伐採も含めた計画的循環こそが、豊かな山や森林を造り、
ひいては「環境を守る」ことにつながると私達は想います。

代表より

jyunya tokunaga
株式会社Forest Fun Club
代表取締役 德永 純也

林業の置ける問題点は、人材の高齢化による世代交代・生産性の問題・賃金不足による意欲の低下等数え上げるときりがありません。

私はこれらの問題に真剣に向き合い、高性能な機械を導入し効率性・生産性を向上させ、雇用条件を改善し若者にとって働きやすい環境にすることで林業を「成長」させたい思っております。

また、放置された森林を整備し、再造林を行うことで里山の環境やお客様(森林所有者)に利益を「還元」することが私の社会的使命だと思っております。

この「成長」と「還元」という私の想いが当社ロゴマークには込められています。